私たち癒しの研究所は、音楽療法、スキンセラピー、
訪問ケアを通じて、皆さんの生活の中に
癒しをもたらし自分らしさを忘れない日々を送る
お手伝いをさせて頂きたいと思っています。

癒しの研究所所長

所長挨拶

まず1人の人だということ。
身体に不自由なところがあっても、病気をお持ちでも、心に病をお持ちでも

病院では患者さんですが、社会では大切な1人の人格者です。


昨今、地域包括ケアシステムの構築をそれぞれの自治体で取り組み、

医者のみならず薬剤師、訪問看護師、ケアマネージャーの方々が連携しながら、医療・介護を充実させようとする取り組みではありますが、まだまだお体の不自由な方々にとって明るい社会ではありません。様々な理由で外に出られないとしても、家にいながらしてみんなと同じようなケアを受けられたらと思い癒しの研究所は

それらの人が必要としているでは?と思うケアを提供していきたいのです。

高野 恵雄

  (たかの けいゆう)

南林間高野クリニック院長

聖マリアンナ医科大学 リウマチ、膠原病、アレルギー内科にて臨床研修を、難病治療研究センターにて学位取得を中心とした研究活動をした後、

横浜総合病院にて一般内科、救急医療に従事し、平成14年4月より当院を開設しました。

当初、大和市にはリウマチ科を標榜する内科の診療所が無かったため、

専門病院との病診連携を目的とし診療を開始いたしました。専門領域

のみならず、一般病院勤務の経験も生かし、生活習慣病をはじめとする

一般内科診療も行っております。
どんな相談でもお気軽に相談して頂ける地域密着の医療を目指しています。